ホワイピュアがどんな医薬品なのかを徹底調査しました!

飲むことによってシミ・そばかすに効果のあるホワイピュアは、第三類医薬品に分類されています。

 

美白に効果のあるサプリメントは各社から様々な商品が販売されていますが、ホワイピュアはサプリメントではなく第三類医薬品なんですね。見た目的には違いが分かりづらい錠剤タイプではありますが、第三類医薬品とサプリメントには、一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

医薬品は身体に特定の働きのあるもので、サプリメントは身体の持つ機能をサポートするもののです。同じビタミンCの医薬品とサプリメントだった場合、その含有量に相当な違いがあったりもします。

 

医薬品の場合には【規格】があり、原料の製造方法から保管、販売について厳しい基準を満たしている必要があるのです。それらをクリアすることによって、医薬品は【◯◯に効果がある】と表示をすることができますが、サプリメントはその表現ができません。

 

なので、第三類医薬品であるホワイピュアは、厳しい基準をクリアし「シミ・そばかす、色素沈着に効く」と大々的に記載をする事ができているんですね。

 

>> 第三類医薬品のホワイピュアの詳細はこちら

 

 

第三類医薬品のホワイピュアの効果や効能は?

 

では、第三類医薬品であるホワイピュアにはどのようなことに効果・効能があるのでしょうか。

 

  • シミ・そばかすの緩和
  •  

  • 日やけ・かぶれなどの色素沈着の緩和
  •  

  • 歯ぐきや鼻からの出血の予防

 

このような効果や効能があると表示されています。

 

具体的にこのような効能があると伝えられるのは、サプリメントではない第三類医薬品ならではですね。効果が見込めない場合、こういった表現を行う事はできませんので。

 

また、大量に含まれているビタミンCによる様々な嬉しい効果も見込めます。

 

肉体疲労時の回復効果や、妊娠・授乳中や病中病後に落ちた体力の回復、老年期のサポートなど。シミ・そばかす以外にも、悩みがちな鼻血などの出血予防や、体力回復にも効果があるとは嬉しいですね。

 

見た目だけでなく、ビタミンの力によって内側からも元気に若々しくなる事が期待できるんです。厳しい基準を通過し、その効果が信頼できるからこそ、疑いを持つ事なく安心して飲み続ける事ができます。

 

身体を労わりたい妊娠中や病中にも飲む事ができるのも嬉しいですね。

 

ホワイピュアの主な成分

 

それと、ホワイピュアの主な成分は下記の通りです。

 

  • アスコルビン酸(ビタミンC):1,000mg、
  •  

  • L−システイン:240mg、
  •  

  • ビタミンB2:6mg、
  •  

  • ビタミンB6:12mg、
  •  

  • コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE):50mg
  •  

  • ※その他にトウモロコシデンプンやステアリン酸マグネシウムなどの添加物を含む

 

美しく健康的な肌作りに欠かせない、各種ビタミンがたっぷりと含まれている事がわかります。特にしみ・そばかすには、メラニン生成を抑えるビタミンCが必要不可欠です。

 

さらにL−システインは肌のターンオーバーを正常化する効果があります。しみ・そばかすを改善する場合、ビタミンCとL−システインの2つを摂る事が重要で、その2つの成分にはお互いの働きをサポートする効果もあります。

 

ホワイピュアにはもちろんビタミンCとL−システインどちらもしっかり含まれており、その含有量や品質は厳しい審査を通過しているので安心して服用できます。その2つの成分の含有量は、他社製品と比較してもトップクラスです。

 

女性の美と健康を追求するジェイフロンティア株式会社と、大正六年の創業から医薬品や健康食品を作り続けてきた至誠堂製薬株式会社が製造するホワイピュア。開発元の強い想いと伝統の技術から生み出され、厚生労働省から効果も認められている医薬品だからこその確かな安心感ですね。

 

しみ・そばかすや色素沈着を改善したい!という明確な目的がある時には、サプリメントでサポートしていくよりも医薬品のホワイピュアで集中的にアプローチしていくのが近道と言える事でしょう。

 

>> 第三類医薬品のホワイピュアの詳細はこちら